カテゴリ:レシピ/Rezept



さて、春に私達がいただく桜餅や桜茶。 当たり前のように、季節の植物を、薬草を美味しくいただく日本の文化。 ドイツでは無理だろうか? 眺めてみよう、四季の同じドイツ。きっと同じように春には肝機能を高める薬草が 芽吹いていないだろうか。桜と同じクマリンを含有する薬草、実はあるのです。...

春分は二十四節気でいう春の半分にあたる。 昼と夜が同じ長さになる日としてヨーロッパでも春の始まり。 「自然を讃え、生物をいつくしむ日」 古の人々がこうやって一年を二十四節気に分けて、自然に寄り添い農作業の判断を していた暦。今尚大切にしている日本の文化は素晴らしい。...

冬もキムチを作って楽しんでいたが、春になると春のキムチが食べたくなる。 食べたくなるということは、自分の中では旬なのかなと、思うことにしている。 長年こちらでアミを買って作っていたけれど、最近はもっぱら自分でアレンジした ヴェーガンキムチ。沢山春の薬草を入れて。 いつもお裾分けするので、給食のおばさん並みに大量な量だけれど、...

先日息子と散策した時に花が咲く前に採取したヒメリュウキンカ(Ficaria verna)を使って 春の浄血作用ある薬草バターを作ってみた。 このレシピは薬草を変えれば色々と活用できる。 例えばヒメリュウキンカ(採取するのは花さく前の葉、お花は毒性) に似た薬草の味を使ってキンレンカ(Kapuzinerkresse)の辛味を入れてみるとか、...